【報告】台風19号(T1919)による葛川氾濫

Posted on Updated on

ここ1カ月以上、ドローンモニタリングなどに関する記事を書いていませんが・・・今回の葛川氾濫について記録を残すことを目的に、簡単な報告書をまとめました。本文については、日本地理学会災害対応委員会で公開されています。

各地で水害が発災した翌日の10月14日夜に国土地理院が荒川水系(入間川・越辺川・都幾川)の浸水推定段彩図を公開しました。

国土地理院が作成した荒川水系(入間川・越辺川・都幾川)の浸水推定段彩図(速報)に加筆

 

この地図は、13日10時および12時頃に航空機から撮影した情報などをもとに作成されています。しかし、葛川流域については残念ながら航空機の撮影外でしたので、浸水深推定地図も範囲外でした。そのため、葛川氾濫の情報がないというはあまりよろしくないので、ドローン空撮を用いて葛川氾濫の浸水範囲・浸水深推定地図を作成してみました。

 

葛川氾濫の範囲および浸水深の推定

浸水範囲・浸水深を推定するにあたって、土手沿いに漂流した稲藁や泥など手掛かりにして行いました。漂流物(最大水位時)の標高をRTK-GNSS測量およびドローン空撮から算出しました。

高麗川・葛川の堤防に付着した泥および漂流物から最大水位時の標高値を計測

 

発災してから3日後にドローンで空撮した画像から最大水位時の標高値を求めた結果、高麗川25.3m・葛川24.8mになりました。最大水位時の標高値が求められれば、国土地理院が公開している高解像度DEMを用いることで浸水深・範囲を推定することができます。

最大水位時の標高値とDEMの差分で浸水深を推定

台風19号による葛川氾濫の浸水範囲・浸水深推定地図

大きい地図で表示(地理院地図)

 

葛川水門近くの田畑で約3mの最深値となり。浸水面積は70.2haとなりました。このうち田畑などの浸水面積は50haですが、国土交通省が災害情報の速報として公開している田畑などの浸水面積では25haとなっているので、その倍の面積が浸水していることがわかりました。

次に、浸水量を計算した結果、葛川氾濫における浸水量は約90.4万㎥となり、大量の水が堤内地に一時的に滞留したことによって、新ヶ谷地区・東和田地区・戸口地区・沢木地区の建物に被害を及ぼしました。

 

葛川氾濫のタイムラインは下記に掲載。

 

台風19号による葛川氾濫

10月 12 2019 7:00 AM

水位上昇

6時ごろから雨が降り出し、越辺川(観測所:入西)・高麗川(観測所:坂戸)の水位は上昇


10月 12 2019 11:37 AM

ライブカメラ(葛川水門)


10月 12 2019 12:49 PM

水門閉鎖30分前

水位は堤防高の高さまで上昇


10月 12 2019 1:14 PM

水門閉鎖

越辺川・高麗川からの逆流が確認され閉鎖


10月 12 2019 1:19 PM

水門閉鎖から5分後

下流方向から堤防を越水


10月 12 2019 1:50 PM

水門閉鎖から36分後

新ケ谷地区・東和田地区の田畑は冠水


10月 12 2019 4:43 PM

葛川の氾濫状況

約800m先の関越道まで浸水範囲が拡大

 


10月 12 2019 7:37 PM

ライブカメラ配信停止

配電盤が水没し、配信停止


10月 12 2019 9:25 PM

母屋浸水

掘りごたつから浸水(既に自宅は停電)


10月 12 2019 10:23 PM

台風通過直後

通過は22時頃で、しばらくすると雨が止んだ


10月 13 2019 12:50 AM

水門閉鎖解除

越辺川・高麗川の水位低下により開門


10月 13 2019 1:00 AM

最大浸水水位

最大浸水時の水位は1時頃

 


10月 13 2019 5:30 AM

日の出

日の出前には水が引いた



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)