報告

ドローン水稲モニタリング等に関する詳しい情報は以下の記載されています。

・水稲モニタリング

【論文】

田中 圭・近藤昭彦(2016):小型マルチコプターを用いた近接リモートセンシングによる水稲生育マップの作成,日本リモートセンシング学会誌,36(4),pp.373-387.(平成29年度 論文賞)

濱 侃・田中 圭・望月 篤・鶴岡康夫・近藤昭彦(2018):UAVリモートセンシングおよび登熟期の気象データに基づく玄米タンパク含有率推定,日本リモートセンシング学会誌,38(1),pp.35-43.

濱 侃・田中 圭・望月 篤・新井弘幸・平田俊之・八幡竜也・鶴岡康夫・近藤昭彦(2018):UAVリモートセンシングおよび日射量を用いた水稲の草丈と収量の推定,水文・水資源学会誌,31(2),pp.68-82.

濱 侃・早崎有香・望月 篤・鶴岡康夫・田中 圭・近藤昭彦(2016):小型UAVとSfM-MVSを使用した近接画像からの水稲生育モニタリング,水文・水資源学会誌,29(1),pp.44-54.

 

【連載】

田中 圭(2018):ドローン&近赤外カメラで、田んぼを空から管理する,現代農業(2018年4月~5月),農文協.

田中 圭(2016):地理に使える低空撮ガイド①~⑥,地理(2016年6月~11月),古今書院.

田中 圭(2016):新米兼業農家、どろーん米に挑戦中,現代農業(2016年11月~2017年1月),農文協.

 

【新聞】

日経産業新聞(2016年9月15日掲載) コメ生育 ドローンで管理

 

【商業誌】

ドローンを使った水稲モニタリングを実践する,GIS NEXT 第62号,ネクストパブリッシング.

UAVリモートセンシングによる水稲モニタリングの実践,計測技術 2017年8月号,日本工業出版.

 

・200g未満機

【学会発表】

田中 圭・中田 高・渡辺満久(2017):200グラム未満の市販ドローンを用いた低空撮影と地図作成の可能性,2017年度日本地理学会秋季学術大会.

田中 圭・中田 高(2016):200グラム未満のオートパイロット機「KT200」の試作,地球惑星連合大会.

【新聞】

日本経済新聞(2016年6月7日掲載) 超軽量ドローン 離陸へ