リモセン学会発表資料

Posted on Updated on

11月に行われた日本リモートセンシング学会の発表資料になります。

要旨はこちらから見ることができます。

 

 
 今回の観測結果から、以下のことがわかりました。
  • 水稲の群落表面温度は一様ではなく、ばらつきをもって分布している。
  • 群落表面温度のばらつきはNDVIと対応しており、相対的に群落表面温度の低温域でNDVIが高くなり、反対に高温域ではNDVIが低い値を示す。
  • 群落表面温度とNDVIの時間変化は、日中の時間帯で明瞭な相関を示す。
  • 群落表面温度のばらつきは、玄米重量にも影響を及ぼす。
  • 今回の観測で、掛け流しによって群落表面温度が約3℃低下することが確認できた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)