学会

リモセン学会発表資料

Posted on Updated on

11月に行われた日本リモートセンシング学会の発表資料になります。

要旨はこちらから見ることができます。

 

 
 今回の観測結果から、以下のことがわかりました。
  • 水稲の群落表面温度は一様ではなく、ばらつきをもって分布している。
  • 群落表面温度のばらつきはNDVIと対応しており、相対的に群落表面温度の低温域でNDVIが高くなり、反対に高温域ではNDVIが低い値を示す。
  • 群落表面温度とNDVIの時間変化は、日中の時間帯で明瞭な相関を示す。
  • 群落表面温度のばらつきは、玄米重量にも影響を及ぼす。
  • 今回の観測で、掛け流しによって群落表面温度が約3℃低下することが確認できた。

 


リモセン学会発表

Posted on Updated on

11月1日~2日にかけて、新潟市の新潟テルサで日本リモートセンシング学会が開催されます。

今回は8月に実施した温度観測の結果を発表します。

 

学会プログラム(要旨)はこちらからダウンロードして下さい。

 

UAV近接リモートセンシングによる水稲の群落表面温度の観測

〇田中 圭(日本地図センター)・濱 侃(千葉大)・近藤昭彦(千葉大)

要旨

本研究の目的は,稲の高温登熟障害に対応するために,水稲の群落内の温度環境をUAV近接リモートセンシングによって明らかにすることである。埼玉県坂戸市北部の水田を試験サイトとし、穂揃期にあたる2016年8月6日10時~7日12時にかけて水稲の群落表面温度の観測を行った。その結果、水稲の群落表面温度は一様ではなく、ばらつきをもって分布していることがわかった。また、このばらつきはNDVIと対応しており、相対的に群落表面温度の低温域でNDVIが高くなり、反対に高温域ではNDVIが低い値を示すことが明らかになった。

 
リモセン学会画像

       熱赤外解析の一例

学会では、農業リモセンやドローンに関連する発表が多くあります。いろんな情報を知ることができる機会なので、楽しみです。